現役電気屋が伝えたい参考書では教えてくれない知識と経験

電気エンジニアのツボ

資格

初心者の方へ教えた時の機械保全電気系3級実技の練習手順(方法)

投稿日:2019年6月30日 更新日:

機械保全電気3級実技練習手順

機械保全技能士電気系3級の実技練習を何から始めればよいか迷ってませんか?

今回はそんな悩みを解決できる記事となっております。

なせなら、毎年、私は勤めている会社で機械保全技能士の電気系2級と3級の実技練習を教えています。

その中には初心者の方もいます。

もちろん初心者の方が合格する場合は本人の努力が合格の要因として9割以上ですが、その時の手順を紹介していきます。

ここでは練習する前に必要な知識なども併せて紹介していきます。

この記事に書かれている手順で進めていき、効率よく知識を習得し、練習して合格しましょう。

 

スポンサーリンク

 

実技練習手順

練習手順の概要いきなり配線の練習をしたいところですが、まずは部品の図記号、回路図の書き方等を理解する必要があります。

step
1
スイッチやリレーなどの部品について学ぶ

実技で出てくる「押し釦スイッチ」「リレー」「ランプ」「タイマリレー」について、どのような構造でどんな働きをするのか知る必要があります。

また、回路を書くために上記部品の電気図記号を覚える必要があります。

実際の作業でも必須の知識ですので、覚えて損はありません。


タイマリレー動作
有接点タイマリレーのオンディレイとオフディレイ動作と配線方法

続きを見る


使用頻度の高い電気図記号
シーケンス図の電気図記号シンボルとは?よく使用する記号一覧

続きを見る


覚えるポイントをまとめると下記のとおりです。

覚えるポイント


・各部品の構造、a接点、b接点、端子(ソケット)番号、電気用図記号を確認
・検定盤でのスイッチ、ソケット、ランプの端子番号確認
・テスターを使ってa接点、b接点の違いを確認

 

step
2
シーケンス図の書き方を理解


配線をするときはシーケンス図(展開接続図)を書く必要があります。

簡単な回路であれば、頭の中でも可能ですが、配線ミスをなくすためにも紙にしっかり書きましょう。

シーケンスは縦書きと横書きがありますが、今回の実技試験では横書きがおすすめです。

シーケンス制御とは
制御の基礎(シーケンス制御とは?)現役が分かりやすく解説!

続きを見る

 

step
3
タイムチャートの見方を理解


実技試験ではタイムチャートを見て回路図に置き換える必要がありますので、タイムチャートの見方を覚える必要があります。

タイムチャート読み方
丁寧に基本回路で説明!シーケンス図のタイムチャートの見方

続きを見る

 

step
4
リレーの基本回路を学ぶ


実技の課題を配線できるようになるため、リレーを使ったいくつかの基本回路を学ぶ必要があります。

課題は基本回路の組み合わせとなります。

オンオフ回路から学び、自己保持回路、タイマリレーを動作を使用した回路と順番に慣れていきましょう。


タイマリレー動作
有接点タイマリレーのオンディレイとオフディレイ動作と配線方法

続きを見る

覚えるべき回路


・ON/OFF回路
・自己保持回路(リセット無し)、自己保持回路
・オンディレー回路、オフディレー回路
・フリッカ回路

 

step
5
圧着工具の使い方を学ぶ

配線をするためには電線の被覆を剥き、銅線に圧着端子を接続する必要があります。

正しい圧着をしないと、現場での事故につながります。

また、実技試験では減点となりますので、正しい圧着方法を身につけましょう。

裸圧着端子用工具の使い方
裸端子用圧着工具(ペンチ)の正しい使い方とコツを詳しく説明

続きを見る

 

step
6
テスターの使い方を学ぶ

テスターは安全に作業をするために必要な工具です。

実技試験では「電圧測定」「抵抗測定」の2つを覚えれば問題ありません。

また、テスターはアナログとデジタルがあり、それぞれのメリットとデメリットがあります。

どちらを選ぶかは好みになります。

私は実務ではデジタルテスターを使用しますが、試験ではアナログテスターを使用しました。

テスター使い方
電気屋が伝授!テスターの使い方を図で分かりやすく説明

続きを見る

 

step
7
配線するときの注意事項


配線するときにも注意することがあります。

これは実際の作業でも当たり前のことですが、減点対象となります。

端子台には2本までです。

ごくまれに、実際の制御盤で端子台に無理やり3本入っている配線を見たことがありますが、抜けやすくなりますのでやめましょう。

この他に試験では気をつけることがあります。

配線の注意事項


・端子台への配線は2本まで
・配線の長さが短くないか、長すぎないか
・配線くずが落ちていないか
・端子は背合わせになっているか
・端子台のネジは緩んでいないか
端子台正しい配線方法
端子台への正しい配線接続方法|注意すべきポイント

続きを見る

step
8
基本回路の配線

動作原理と配線方法を理解したあとは実際に基本回路の配線を行いましょう。

実際に配線を行うことで更に理解が深まります。

最初は時間がかかりますし、配線ミスが発生することがありますが、どこを間違えたしっかりと確認して次回につなげましょう。

まずは自分で考えることが大切です。自分で考えても分からない場合は経験者に聞きましょう。

実体配線図の事例紹介
実態配線図は初心者に分かりやすい?いつくかの回路で事例紹介

続きを見る

リレー端子番号と配線方法
図で説明!リレーとソケットの端子番号と配線方法

続きを見る

練習する回路


・ON/OFF回路
・自己保持回路(リセット無し)、自己保持回路
・オンディレー回路、オフディレー回路
・フリッカ回路

 

step
9
課題1の練習をする

基本回路を何度か練習した後は課題1の配線練習を行います。

課題1の一部は事前に公表されますので、頭の中で回路図が入るまで練習しましょう。

当日追加される黄色ランプの仕様はある程度のパターンは予想できます。

いくつかの仕様を考えて、練習しましょう。

実際の試験問題ではありませんが、タイムチャートを回路図に描く練習用に10問用意しました。

機械保全技能士3級練習問題
機械保全技能士電気系3級|実技試験課題1の練習問題(解答付)

続きを見る

step
10
課題2の練習をする

課題2はリレーとタイマリレーの点検と回路の補修作業です。

リレーとタイマリレーの不良要因は6種類ありますので、それそれの特徴を理解し、判別できるようにしましょう。

最初は混乱しますが、何度か練習すると判別できるようになります。

回路の補修作業の練習は他の方に協力していただき、実際の回路に「配線なし」「断線」を入れてもらいましょう。

回路図は事前に公表されますので、練習して時間内に終われるようになりましょう。

何度も練習している方は10分や15分で終わるレベルです。

機械保全リレー故障診断
機械保全電気系リレー・タイマの点検|不良要因と判別方法

続きを見る

検定盤(試験盤)の必要性について

機械保全電気系検定盤会社に検定盤がある場合は良いですが、個人で用意するのに検定盤の価格は高すぎませんか?

しかし、実技試験の練習には試験で使用する検定盤が必要だと言えます。

これには理由があります。

試験時間が長ければ、購入しなくても問題ないですが、実際の試験時間は短いです。

実務経験が豊富な方でも初見で問題に挑んだ場合、時間内に終わることができません。

事前に配線の長さを決め、どの端子台を使うか覚えておくレベルまでに仕上げておかなければ合格できません。

ですので、練習は必須となってきます。

金額が高いので、私の周りには自分で盤を作成し、安く仕上げた方もいます。

まとめ:合格するためにやること

私は今まで何人かの方に実技練習を教えてきましたが、合格する方の特徴としては当日までにどれぐらい練習したかの違いだと言えます。

仕事をしたあとに練習や勉強をするのはとても大変なことですが、実務経験が豊富でも、練習なしでは落ちている方がほとんどです。

逆に初心者の方や経験が浅い方でも練習量の多い方は合格しています。

3級だから簡単だと思わず、しっかり練習するしましょう。

合格すれば自分に技能があるということの証明になります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シマタケ

共働きの子育て会社員。工場で15年間働く電気エンジニア。多数の国家資格を取得。施設、工場で働く電気エンジニアが勉強できる、悩みを解決できるサイトを目指しています。子育てや雑記記事も時々書きます。

-資格

Copyright© 電気エンジニアのツボ , 2019 All Rights Reserved.