現役電気屋が伝えたい参考書では教えてくれない知識と経験

電気エンジニアのツボ

資格

機械保全技能士電気系3級|実技試験課題1の練習問題(解答付)

機械保全技能士3級練習問題

機械保全技能士電気系3級の実技試験の練習に悩んでいませんか?

3級とは言え、実技試験は練習なしで合格することは難しいです。

今回の記事では、実技試験の練習問題を紹介していきます。

練習問題の慣れ、実際の課題へ挑戦しましょう。

練習問題は全部で10問あり、徐々に難易度があがっていきます。

ご注意

・練習問題は実際の試験で出題される問題ではありません。
・練習用としてご理解ください。

スポンサーリンク

課題1の練習問題

いきなり、公表されている課題に取り掛かりたいところですが、まずは練習問題で慣れると良いと思います。

年度によって、白色ランプと黄色ランプの仕様が異なりますので、色々なパターンを用意しました。

まずはタイムチャートを見て、シーケンス図(回路図)を書けるようになりましょう。

シーケンス図は同じタイムチャートでも組み方により、何通りもの回路図ができます。

自分の配線しやすい回路で、タイムチャート通りに動作すれば問題ありません。

今回の解答例はその中の一例となります。

ポイント

回路はシンプルで配線本数が少ないのが理想です。

練習問題1

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。
練習問題1

練習1解答例

黒押しボタンを押すとリレーCR1がオンし、白ランプと黄ランプが同時に点灯します。

黒押しボタンを離してもリレーCR1の自己保持により、2つのランプは黄押しボタンを押すまで、消えません。

シマタケ
上のような仕様は簡単な為、実際の試験に出題される可能性は極めて低いですが、練習問題として用意しました。

タイムチャートやリレーについて復習したい方はこちらの記事をお読みください。

 

練習問題2

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題2

練習2解答例

黒押しボタンを押すと、リレーCR1がとタイマーT1がONします。

黒押しボタンを離してもリレーCR1の自己保持により、タイマーT1はONしたままです。

タイマーT1がONしてから3秒後にタイマーT1のa接点がONし、白ランプと黄ランプが点灯します。

黄押しボタンを押すと、リレーCR1とタイマーT1がOFFになり、2つのランプは消灯します。

タイマリレーについて復習したい方はこちらをご覧ください。

練習問題3

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題3

練習3解答例

黒押しボタンを押すとリレーCR1、タイマーT1とT2の3つがONします。

黒押しボタンを離しても、リレーCR1の自己保持により、タイマーT1とT2はONしたままです。

タイマーT1がONしてから3秒後にタイマーのa接点がONし、白ランプが点灯します。

タイマーT2がONしてから4秒後にタイマーのa接点がONし、黄ランプが点灯します。

回路は自己保持回路のため、2つのランプは黄ボタンを押すまで、消えません。

シマタケ
過去に私が教えた方で実技試験中にタイマー設定時間をT1とT2で逆にしてしまう方がいましたので、注意です。

練習問題4

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題4修正版

練習4解答例

黒押しボタンを押すとリレーCR1、タイマーT1とT2がONします。

黒押しボタンを離してもリレーCR1の自己保持により、タイマーT1とT2はONのままです。

タイマーT1がONしてから3秒後にタイマーT1のa接点がONし、白ランプが点灯します。

黄ランプはタイマーT2のONと同じタイミングで点灯し、タイマーT2がONしてから4秒後にタイマーT2のb接点が動作し、消灯します。

白ランプは黄押しボタンを押すことにより、消灯します。

シマタケ
タイマーのa接点とb接点の使い方に注意しましょう。

練習問題5

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題5

練習5解答例

黒押しボタンを押すとリレーCR1とタイマーT1がONします。

黒押しボタンを離しても、リレーCR1の自己保持により、タイマーT1はONし続けます。

白ランプはリレーCR1がONすると点灯します。

黄ランプはタイマーT1がONしてから4秒後にタイマーT1のa接点が動作し、点灯します。

2つのランプは黄押しボタンを押すことにより、消えます。

練習問題6

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題6修正版

練習6解答例

黒押しボタンを押すとリレーCR1とタイマーT1がONし、白ランプと黄ランプが点灯します。

黒押しボタンを離しても、リレーCR1の自己保持のより、点灯し続けます。

白ランプはCR1がONしている間は点灯します。

黄ランプはタイマーT1がONしてから3秒後にタイマーT1のb接点が動作し、消灯します。

白ランプは黄押しボタンを押すことにより、消灯します。

練習問題7

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題7

練習7解答例

黒押しボタンを押すとリレーCR1がONし、白ランプと黄ランプが点灯します。

黒押しボタンを離してもリレーCR1の自己保持により、白ランプと黄ランプは点灯したままです。

黄押しボタンを押すと、リレーCR2、タイマーT1がONします。

リレーCR2がONすることにより、リレーCR2のb接点が動作し、黄ランプは消灯します。

黄押しボタンを離してもタイマーT1はリレーCR2の自己保持により、動作し続けます。

タイマーT1が動作してから2秒後にタイマーT1のb接点が動作し、リレーCR1の自己保持が切れ、白ランプは消灯します。

練習問題8

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題8

練習8解答例

黒押しボタンを押すとリレーCR1とタイマーT1がONします。

黒押しボタンを離しても、リレーCR1の自己保持により、タイマーT1は動作し続けます。

タイマーT1がONしてから2秒後にタイマーT1の接点がONし、白ランプが点灯します。

黄押しボタンを押すと、白ランプは消灯し、リレーCR2がONします。

リレーCR2がONするとタイマーT2と黄ランプがONします。

タイマーT2はリレーCR2の自己保持により、動作し続けます。

タイマーT2がONしてから3秒後にタイマーT2のb接点が動き、黄ランプは消灯します。

練習問題9

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題9修正版2

練習9解答例

黒押しボタンを押すとリレーCR1がONし、白ランプが点灯します。

黒押しボタンを離してもリレーCR1の自己保持により、白ランプは点灯したままです。

黄押しボタンを押すと、リレーCR2、タイマーT1とT2の3つがONします。

黄押しボタンを離してもタイマーT1とT2はリレーCR2の自己保持により、動作し続けます。

タイマーT1が動作してから4秒後にタイマーT1のb接点が動作し、リレーCR1の自己保持が切れ、白ランプは消灯します。

タイマーT2が動作してから2秒後にタイマーT2のb接点が動作し、黄ランプは消灯します。

シマタケ
タイマーの設定時間に注意です。
タイマーT2よりT1の設定時間が短いと、T1が優先され両方のランプが消灯します。

練習問題10

下図のタイムチャートの回路図(シーケンス図)を描きましょう。練習問題10

練習10解答例

黒ボタンスイッチを押すと、CR1のリレーがONし、白ランプが点灯します。

白ランプは黄色ボタンを押すまで、点灯を保持しています。

黄色ランプはタイマー1とタイマー2が交互にオンオフし、点灯点滅を繰り返します。

このように点灯を繰り返すような回路をフリッカ回路と言います。

シマタケ
難しいと感じた方は上のような回路図を覚えましょう。

まとめ:練習問題を通して

今回は練習問題として10問ご用意いたしました。

今回のような色々なタイムチャートを見て、すぐに回路図にかける状態までに仕上げておけば、当日の仕様に焦ることはありません。

合格するために何度も練習して慣れましょう。

機械保全技能士3級について最初から学習したい場合はこちらをご覧ください。

機械保全電気3級実技練習手順
初心者の方へ教えた時の機械保全電気系3級実技の練習手順(方法)

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シマタケ

共働きの子育て会社員。工場で15年間働く電気エンジニア。多数の国家資格を取得。施設、工場で働く電気エンジニアが勉強できる、悩みを解決できるサイトを目指しています。子育てや雑記記事も時々書きます。

-資格

Copyright© 電気エンジニアのツボ , 2019 All Rights Reserved.