電気の知識

【三菱PLC】QシリーズとFXシリーズのPLCバッテリー交換方法

PLCのバッテリーを低下したままにしておくと、メーカーや機種によりますが、最悪の場合はプログラムやパラメータなどが消失します。

そのため、バッテリーを定期的に交換する必要があります。

そこで今回は三菱電機製PLCのバッテリー交換方法を紹介していきます。

バッテリーの交換は難しい作業ではありませんので、落ち着いて作業して行いましょう。

Qシリーズは「Q02UCPU」、FXシリーズは「FX3U」を用いて説明していきます。

注意

・交換される際は自己責任でお願いします。
・当サイトでは責任は負いかねます。

スポンサーリンク

QシリーズCPUのバッテリー交換方法

step
1
データのバックアップ


バックアップ作業万が一、消えてしまった時の対処として、プログラムデータのバックアップをとります。

step
2
PLCの電源OFF


盤内のサーキットプロテクター該当するブレーカーやサーキットプロテクターをOFFにして、PLCの電源をOFFにします。

注意

マニュアルにはバッテリーのコネクタを外してから停電保持時間は3分となっています。

step
3
カバーを開ける


QシリーズPLCバッテリー交換-2CPUユニットの底部のカバーを開けます。

PLCとダクトの距離感が狭いなど、底部のカバーが狭い場合はベースユニットからCPUユニットを取り外すと作業しやすいです。

step
4
ホルダーから外す


QシリーズPLCバッテリー交換-9電圧が低下しているバッテリーをホルダーから外します。

step
5
コネクタを外す


QシリーズPLCバッテリー交換-4本体側とつながっているバッテリーのコネクタを外します。

step
6
新品のバッテリーをコネクタに差し込む


QシリーズPLCバッテリー交換-7新品のバッテリーをホルダーに差し込み、本体側のコネクタと接続します。

step
7
カバーを閉じる


QシリーズPLCバッテリー交換-2CPUユニットの底部のカバーを閉じます。

ベースユニットから外して作業している場合はベースユニットに取り付けます。

step
8
電源をON


盤内のサーキットプロテクター該当するブレーカーやサーキットプロテクターをONにし、PLCの電源を入れます。

step
9
確認


QシリーズPLCバッテリー交換-1CPUユニットの「BAT」の点滅が消えていること、またはSM51、SM52がOFFになっていることを確認します。

以上で終わりです。

FXシリーズのバッテリー交換方法

FXシリーズは機種によって、バッテリーが搭載されていないタイプもあります。

詳しくは取扱説明書でご確認ください。

step
1
データのバックアップ


バックアップ作業Qシリーズと同様に、万が一、消えてしまった時の対処として、プログラムデータのバックアップをとります。

step
2
電源OFF


盤内のサーキットプロテクター2該当するブレーカーやサーキットプロテクターをOFFにし、PLCの電源をOFFにします。

step
3
カバーを外す


FXバッテリー交換-7バッテリーのカバーを外します。

step
4
バッテリーを引く抜く


FXバッテリー交換-3コネクタ付近の線を持って引き抜き、電圧が低下しているバッテリーを取り出します。

step
5
コネクタを外す


FXバッテリー交換-5バッテリーと本体がつながっているコネクタを外します。

焦らずにコネクタを抜き差ししましょう。

注意

マニュアルにはバッテリーのコネクタを外してから停電保持時間は20秒となっています。

step
6
新品のバッテリーをコネクタに差し込む


FXバッテリー交換-4新品のバッテリーをコネクタに差します。

step
7
バッテリーを入れる


FXバッテリー交換-3バッテリーの元の位置に入れます。

step
8
カバーを閉じる


FXバッテリー交換-7バッテリーのカバー を元に戻します。

step
9
電源ON


盤内のサーキットプロテクター2該当するブレーカーやサーキットプロテクターをONにし、PLCの電源を入れます。

step
10
確認


FXバッテリー交換-1「BATT」ランプが消灯しているか確認します。

特殊デバイス「M8006」をモニタすることでも確認できます。

以上で終わりです。

まとめ:焦らずに自分で交換

三菱PLCバッテリー今回は三菱電機製PLCのQシリーズとFXシリーズのバッテリー交換について紹介いたしました。

当たり前のことですが、業者へバッテリー交換を依頼すると、安心感を得られますが作業工賃が発生します。

バッテリー交換やバックアップ作業はやり方を覚えると、難しいことではありません。

ぜひ、自分(自社)で交換されることをオススメします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シマタケ

共働きの子育て会社員。工場で15年間働く電気エンジニア。多数の国家資格を取得。施設や工場で働く電気エンジニアが勉強できる、様々な悩みを解決できるサイトを目指しています。雑記記事も時々書きます。心理学を勉強中でメンタルケア心理士取得。

-電気の知識

Copyright© 電気エンジニアのツボ , 2019-2020 All Rights Reserved.