電気の知識

PLCトランジスタ出力のシンクとソースタイプの違い【実配線の写真で解説】

PLC出力シンクとソースの違い

こんな方におすすめ

  • PLCトランジスタ出力について知りたい方
  • シンクタイプとソースタイプについて知りたい方
  • シンクタイプとソースタイプの配線方法を知りたい方

PLCを選定する時に出力仕様を確認すると思いますが、トランジスタ出力を選択した場合、シンクタイプとソースタイプ、どちらを選択すればよいか悩んだことはありませんか?

私はシンクとソースの違いが分からなくて悩んだ経験があります。

今回はPLCのトランジスタ出力タイプの「シンクタイプとソースタイプの違い」を実際の配線を交えながら説明していきます。

一緒に勉強していきましょう。

そもそも出力とは

PLCの出力について出力とは、 PLCの制御にて表示灯(ランプ)やリレーなど動かす部分になります。

上の写真では四角で囲った部分が出力になります。

表示灯やリレーなどの負荷を動かす場合は、負荷とPLCの出力端子、コモン端子に配線を行う必要があります。

PLCの構成_出力部分

また、出力には「リレー出力」「トランジスタ出力」「トライアック出力」があり、「トランジスタ出力」にはシンクタイプとソースタイプがあります。

今回はトランジスタ出力について、説明いたします。

シマタケ
交流回路の開閉や消費電力の大きい負荷を駆動させる時にリレー出力が使用されていますが、そこまで多くありません。
ほとんどはトランジスタ出力が使用されています。
私はトライアック出力を使用しているPLCを一度も見たことがありません。

シンクタイプとソースタイプの違い

PLC出力_シンクタイプとソースタイプトランジスタ出力タイプには2種類あり、接続する機器によって使い分ける必要があります。

違いとして、シンクタイプとソースタイプでは配線の接続方法が異なります。

また、故障時の安全性にも違いがありますので間違って選定しないように注意する必要があります。

シンクタイプ

・NPNトランジスタが使用されており、日本では多く使用されています。
・シンクタイプはCOMが-になります。

QY40Pの外部接続図

ソースタイプ

・PNPトランジスタが使用されており、ヨーロッパで多く使用されています。
・ソースタイプはCOMが+になります。

QY80の外部接続図

NPNとPNPの違いやCOM(コモン)についてはこちらの記事にて説明しています。


電気回路のコモンとは
電気回路のコモン、COM端子とは何?意味や使い方を分かりやすく説明

続きを見る

三菱のQシリーズの場合

シンクタイプのトランジスタ出力ユニットはQY40P、QY41P、QY50が該当します。

写真はQY40Pです。

QY40Pの外観

ソースタイプのトランジスタ出力ユニットはQY80、QY81P、Q82Pが該当します。

写真はQY80です。
QY80の外観

シンクタイプとソースタイプの配線方法

PLC出力ユニット違い_使用した機器具体的な配線方法をQY40PとQY80を用いて説明していきます。

今回は写真に写っている機器を用いて、シンクタイプとソースタイプでそれぞれオレンジ色の表示灯を点灯させて配線の違いを確認します。

確認手順と配線方法は以下の通りです。

確認手順_出力ユニット確認手順は出力ユニットに配線をしたのちに、PLCから強制的に出力させ、表示灯を点灯させます。

各出力ユニット_配線方法

ポイント

今回は分かりやすくするため、24V電源の+側を赤色、-側を青色の配線で接続しています。

パワーサプライから出力ユニットへの配線

シンクタイプ(マイナスコモン)の配線

シンクタイプはCOMが-になり、出力ONしたときに負荷から出力ユニット側に電流が流れます。

QY40Pの外部接続図-2

接続方法

今回は端子「1」に表示灯を接続し、点灯させます。

QY40Pの配線箇所

1.出力ユニットQY40Pの端子台「18」に24V電源のマイナス電源を接続します。
QY40P配線2
2.出力ユニットQY40Pの端子台「17」に24V電源のプラス電源を接続します。
QY40P配線3
3.表示灯にプラス電源を接続します。

4.出力ユニットの端子台「1」から表示灯に配線を接続します。

5.USBケーブルをCPUユニットに差し込んで、PLCから出力させます。
QY40P配線9

ソースタイプ(プラスコモン)

ソースタイプはCOMが+になり、出力がONしたときに出力ユニットから負荷側に電流が流れます。

QY80の外部接続図-2

シマタケ
シンクは台所のシンクの蛇口から水が流れこんでくるイメージ、ソース(源)は水を供給するダムをイメージすると覚えやすいです。

接続方法

シンクタイプと同様に端子「1」に表示灯を接続し、点灯させいます。

QY80の配線箇所

1.出力ユニットQY80の端子台「18」に24V電源のマイナス電源(0V)を接続します。

2.出力ユニットQY80の端子台「17」に24V電源のプラス電源を接続します。

3.表示灯にマイナス電源を接続します。

4.出力ユニットの端子台「1」から表示灯に配線を接続します。

5.USBケーブルをCPUユニットに差し込んで、PLCから出力させます。

配線と動作確認が終了したので、最後に配線の違いを比較します。

まとめ:出力ユニットの違いはCOMへの電源

出力ユニット配線比較今回はシンクタイプとソースタイプの違いについて、実際に配線して確認しました。

最後にまとめます。

まとめ

・シンクタイプはCOMが-電源になります。
⇒出力がONすると負荷から出力ユニットへ電流が流れます。

・ソースタイプはCOMが+電源になります。
⇒出力がONすると出力ユニットから負荷へ電流が流れます。

日本ではシンクタイプの出力ユニットが多く使用されているので、まずはシンクタイプの配線方法を覚えていくのがよいと思います。

シマタケ
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シマタケ

共働きの子育て会社員。工場で15年間働く電気エンジニア。多数の国家資格を取得。施設や工場で働く電気エンジニアが勉強できる、様々な悩みを解決できるサイトを目指しています。雑記記事も時々書きます。心理学を勉強中でメンタルケア心理士取得。

-電気の知識

Copyright© 電気エンジニアのツボ , 2019-2021 All Rights Reserved.