現役電気屋が伝えたい参考書では教えてくれない知識と経験

電気エンジニアのツボ

雑記

ポップサーカスは一度は見るべき!富山公演に子供連れで行った感想

あなたはサーカスを大人になってから見たことがありますか?

わたしは大人になってから行った経験がなく、小さい頃に親に連れて行ってもらった程度にしか記憶がありませんでした。

子供のころの記憶を頼りに思い出してみると、とにかくド派手なイメージで、ものすごい大音量の中、演者の方たちが危険なパフォーマンスしていたのをおぼろげに覚えています。

そんな楽しくも興奮するサーカスが5年ぶりに富山へやってきたとのことで、子供たちを連れて見に行ってきました。

その名も「ポップサーカス」です。

日本三大サーカスのひとつで、全国各地で興行を打っている有名なサーカス団なのですが、とにかく迫力がすごかったです!

本記事では、ポップサーカスの富山公演に子供連れで行った際の感想などをお伝えしていきますので、これからサーカスを見に行こうか検討している方、ぜひ参考にしてください。

ポップサーカスは日本三大サーカスのひとつ!

売店前正直言って、サーカスはあまりわたしたちには馴染みがありませんよね。

見る機会も少なく、だからといって公演があっても見に行こうとはなかなかならないと思います。

そんなサーカスですが、今回富山で公演したのは「ポップサーカス」です。

冒頭でもお伝えしたとおり、「ポップサーカス」は日本三大サーカスのひとつに称されるほど大きなサーカスですから、「そんなに有名なら見に行きたい!」となる人も多いのではないでしょうか。

日本三大サーカス

・木下大サーカス
・キグレNewサーカス
・ポップサーカス

ポップサーカスの特徴

サーカスといえば、空中ブランコやアクロバティックな演技、ゾウやトラなどを使ったパフォーマンスを想像すると思います。

しかし、おどろくことにポップサーカスでは動物を使った演目がありません。

つまり、ゾウの玉乗りも、トラの火の輪くぐりもないのです。

動物を使わない真意はわかりませんが、以前からサーカスで動物を使ってのパフォーマンスを疑問視する声が多く、虐待という観点に結びつくことから、世界中で禁止になっているところがあります。

廃止の傾向にあることは間違いないと言えます。

その分、ポップサーカスの演目では定番の空中ブランコやアクロバティックな演目、イリュージョンなども見ることができるので、決して迫力に欠けるようなことはありません。

ポップサーカスを子供連れで見に行った感想

サーカス会場入り口ここからは単純にポップサーカスを見た際の感想を綴っていきます。

サーカスを見たことがない、もしくは、わたしのように子供のころ以来見ていないなら、一度は見に行くべきです。

詳しくお伝えしていきます。

写真について

・演技中の写真撮影は禁止のため、ありません。
・フィナレー中、または会場に入る前の写真になります。

大人が見ても興奮する大迫力!

どこかレトロでチープなイメージを持ってしまうサーカスですが、実際に見るとそういったマイナスな部分はすべて霧散します。

とにかく迫力がすごい!

ド迫力という言葉がぴったりで、耳をつんざくような大音量の中、演者たちの緊張感が伝わる手に汗握る数々のパフォーマンスを見ていると、自然と「おお!」「うわっ!」と声が漏れてしまいます。

短い時間の演技のために、日々たくさんの練習をしている姿を想像すると、胸があつくなってきます。

どちらかと言えば子供よりも大人の方が盛り上がるかもしれません。

おどろきの連続で、心臓がつねにドキドキしているような、子供のころにはなかった、まったく別の興奮が味わえるので、見る機会があるならほんとうにおすすめです。

非日常的な刺激は気分転換になります。

また、演技中の音楽はバンドによる生演奏でそちらは臨場感があって良かったです。

見終わった後は、素直に次回もまた見に来たいと思えるほど、楽しい時間を過ごすことができます。

シマタケ
どれも素敵な演技ですが、私が良いと思ったのは中国の太鼓を使って7人が行う足芸です。

演者が仰向けになり、足で太鼓を回転させながら、隣の人にパスをしたり、演者をパスしたりする演技はタイミングがピッタリでした。

まさに芸術!その筋力やバランス、チームワークに驚きました。

小さなお子さんには伝わらないかも

大人が興奮するサーカスですが、小さなお子さんにはあまり伝わらないかもしれません。

我が家でも、上の子(小学生)は最後まで飽きることなく観覧していましたが、下の子(5歳)は途中で飽きてしまいました。

公演時間が2時間もあるので、演目の間ずっと集中させておくのはどちらにせよ不可能に近いので、ある程度仕方がないことではあります。

ただ問題は、飽きてしまった子供の対応です。

席の上に立ったり、あっちこっちでうろうろしようとするので、ほかのお客の迷惑にならないように気を付けなければならず、最終的には光るおもちゃや食べ物で持たせました。

これからサーカスを見に行くなら、留意しておいた方が良いかもしれません。

ポップサーカスを子供連れで観覧する際のポイント

大切なことポップサーカスを見に行く際は、いくつかのポイントを押さえておいた方が、よりスムーズに観覧することができます。

ストレスなくサーカスを楽しむためにも、ぜひあたまの片隅にでも入れておいてくださいね。

1.指定席を購入した方が良い

座席表サーカスのテントの中は、演目を行うステージを半円で囲むように観覧席が用意されています。

種類は指定席と自由席の2種類で、指定席の中にも「ロイヤルボックス」と「プレジャーボックス」があります。

ここでポイントですが、席は指定席を選ぶことをおすすめします。

自由席は場所が悪いところがあり、テントを支える柱などが邪魔で集中して楽しむことができません。

また、良い席を取るためには早い時間に行って、並ぶ必要があります。

その点、指定席は視界を遮るものがないので、迫力をそのままに楽しむことができます。

ちなみに、我が家では「ロイヤルボックス」を購入しました。

ロイヤルボックス席8番

ロイヤルボックスの感想

ロイヤルボックスからの眺め写真はフィナーレの時の写真です。

ロイヤルボックスは最後部から全体を見渡せるので、すべての演目を真正面で見ることができるうえに、オリジナルグッズももらえます。

グッズの内容は缶バッチ、マグカップ、キャンディー、キーホルダーです。

グッズを貰って喜ぶと思っていましたが、子供はそんなに喜んでいませんでした。

オリジナルグッズ

席横にはドリンクボルダー、席下には所持品をいれるカゴがあり、広々と見ることができました。

ロイヤルボックス座席

ただ、ステージまでの距離が遠いので、できるなら「プレジャーボックス(ステージに向かって最前列)」の方が、より迫力のあるサーカスを楽しめるかもしれません。

私の子供たちは怖がりなので、後ろで良かったと言ってました。

デメリットをあげるとすれば、ロイヤルボックス席の後ろには空調があり、冷風が直撃でした。

寒かったので、購入したドリンクは残りました。

2.チケットは事前にオンラインで購入しておくと便利

QRコード発券ポップサーカスを見に行くなら、事前にチケットをオンラインで購入しておくことを強くおすすめします。

当日券ももちろんありますが、売り切れる可能性があることや、入場までに手間取ることを考えたら、あらかじめチケットを用意しておいた方がスムーズに進みます。

オンラインでチケットを購入しておけば、会場に設置してある端末にQRコードをかざすだけで発券が完了するので、いち早く入場したい場合には必須です。

3.子供が飽きだしたらグッズとフードでごまかす

光る玩具で遊ぶ前述したように、小さなお子さんの場合だと、サーカスの演目中に飽きてしまうと思います。

そんなときは、グッズやフードでごまかしましょう。

ポップサーカスでは、サーカス以外にも売店などの施設が設けられているので、入場前にグッズやフードを購入しておくことが可能です。

2時間の長丁場を考えたら、子供が飽きると前提にして、先に購入しておいた方が大人も集中して見られるでしょう。

売店は空調が効いていないのか暑かったですし、公演開始前の売店は行列でした。

光るおもちゃは人気なので早めに購入しておく

グッズ販売の中に光るおもちゃがありますが、大人気なので気を付けてください。

できれば買いたくないですが、子供は欲しがります。

私は休憩中に購入しましたが、行列になっており、買うのにも一苦労でした。

いざ購入しようにも、行列に並ぶことを考えたら、こちらも先に購入しておいた方が良いかもしれません。

ちなみに価格は1000円でした。

4.公演中は撮影禁止だけどフィナーレはOK

フィナーレサーカスの演目がいくらSNS映えするからといっても、撮影は禁止されているので注意してください。

「ステージさえ映らなければいいんでしょ?」と、自撮りするのも当然NGです。

演者たちは、極限の集中のなか演技をしているわけですから、途中でカメラのシャッター音やフラッシュの光のせいで事故につながることも考えられます。

最低限のルールは守る。

それがサーカス観覧のマナーです。

5.15分の休憩時間でのトイレは注意

ポップサーカスの演目は2時間とお伝えしましたが、間に15分間の休憩があります。

このタイミングでトイレを済ませようと思うかもしれませんが、みんな同じ考え方でした。

トイレに行くと行列!

シマタケ
スタートダッシュに失敗した私は並んでいる間に公演が始まってしまいました

途中で抜け出すか、演技開始から1時間ぐらいのあとに休憩なので、終わりそうなタイミングを予想してスタートダッシュです。

参考:夜の公演は空いていた

私の弟はナイトショーの19時~20時50分を見に行きましたが、空いていたと聞きました。

小さな子供は眠くなる時間帯かもしれませんが、人混みを避けたい方には選択肢として「あり」かもしれません。

私は10時20分~12時10分の公演を見ましたが、席は自由席を含めて満席でした。

まとめ:サーカスは楽しい

ポップサーカスを子供連れで見に行ったお話をお伝えしてきましたが、ほんとうに楽しかったです。

子供も途中飽きることもありましたが、楽しかったと満足していました。

今までサーカスを見たことがない、子供の時以来見に行っていないなら、見に行くべきです。

参考までに私達が利用したロイヤルボックスの料金は、大人2,500円、子供で1,200円、ロイヤルボックス席5000円でした。

料金合計
2,500円×2人+1,200円×2人+5,000円12,400円

指定席の場合は大人で3,300円、子供でも2,000円です。

仮に私の家族が利用した場合(大人2人、子供2人)

料金合計
3300円×2人+2000円×2人10,600円

思っていたより、料金に差がなかったことからロイヤルボックスを利用しました。

近くにポップサーカスが公演で訪れた際は、ぜひお子さんと一緒に見に行ってください。

「すげえ!」と言ってしまうはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シマタケ

共働きの子育て会社員。工場で15年間働く電気エンジニア。多数の国家資格を取得。施設、工場で働く電気エンジニアが勉強できる、悩みを解決できるサイトを目指しています。子育てや雑記記事も時々書きます。

-雑記

Copyright© 電気エンジニアのツボ , 2019 All Rights Reserved.