電気の知識

「ブレーカ」「ブレーカー」などの単語は語尾を伸ばす?どちらが正解?

突然ですが、皆さんに質問です。

この下図の機器↓を仕様書や図面に書くときに何と書いていますか?

ブレーカ_オリジナル画像

「ブレーカ」、「ブレーカー」どちらが正しいでしょうか?

仕様書や図面を確認すると、配線用遮断器のことをカタカナでブレーカ、ブレーカー、どちらでも書かれていることがあります。

他にも電気関係の仕事をしていると、電動機をモータ、モーター、工具であればニッパ、ニッパーなど、語尾を伸ばさないのか、どちらが正しいのか迷ったことはありませんか?

今回の記事では単語の語尾を伸ばすのか、伸ばさないのか、そんな疑問を解決していきます。

シマタケ
私はどちらが正しいのかずっとモヤモヤしていたので、調べました。

動画でも紹介していますので、動画が好きな方はこちらをご覧ください。


チャンネル登録はこちら

スポンサーリンク

" ー " の名称

長音符号とはご存知の方が多いかもしれませんが、この記号、長音府、長音符号と言います。

他には棒引き(ぼうびき)、伸ばし棒、横棒とも呼ばれます。

今回の記事では横棒と呼んでいきます。

まず、結論から「伸ばすか伸ばさないか、どちらであっても間違えではありません」

語尾に関する根拠について

根拠は2つのルールがあります。

語尾に関する根拠

・文化庁の内閣府告示
・JIS(日本産業規格)JIS Z8301

それぞれ説明していきます。

まずは文化庁の内閣府告示からです。

全文記載すると長くなりますので一部割愛しています。

Ⅲ 撥(はつ)音,促音,長音その他に関するもの

3 長音は,原則として長音符号「ー」を用いて書く。

注3 英語の語末の‐er,‐or,‐arなどに当たるものは,
原則としてア列の長音とし長音符号「ー」を用いて書き表す。
ただし,慣用に応じて「ー」を省くことができる。

内閣府告示第二号 外来語の表記 留意事項その2(細則的な事項)

ということで、原則はーを用いますが、習慣として長い間広く使われてきた場合はーを省いてもよいということが書かれています。

つぎは日本産業規格JIS Z8301:2019規格票の様式及び作成方法です。

こちらの付属書H「文章の書き方,用字,用語,記述符号及び数字」には次のように書かれています。

H.6 外来語の表記
外来語の表記は、主として”外来語の表記(平成3.6.28内閣告示第2号)”による

日本産業規格JIS Z8301:2019規格票の様式及び作成方法

と書かれています。

このことにより内閣府告示の「原則はーを用いますが、習慣として長い間広く使われてきた場合はーを省いてもよい」ということになります。

参考までに、この記事を作成している時のJIS Z8301は2019年に改訂され、内閣告示に準拠することになっていますが、昔のJISでは以下のように記載されていました。

昔のJIS

・3音以上からなる用語は長音を省略
・2音以下からなる用語は長音を記述

シマタケ
原則ーを用いるの方が分かりやすいですね。

まとめ:語尾はどちらでも良い

今回は長音符についての疑問を解決するための記事でした。

用語の語尾を伸ばす、伸ばさない、どちらでも間違えではないのですが、私は原則に従って、語尾を伸ばしたいなと思いました。

まずは勤めている会社での語尾の統一を考えましたが、結構難しそうですね。

シマタケ
豆知識として参考にばれば幸いです。

こちらの記事も読まれています。(一部広告あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シマタケ

共働きの子育て会社員。工場で15年間働く電気エンジニア。多数の国家資格を取得。施設や工場で働く方々が勉強できる、様々な悩みを解決できるサイトを目指しています。雑記記事も時々書きます。心理学を勉強中でメンタルケア心理士、行動心理士取得。

-電気の知識