仕事

生産技術職とは?私の経験も含め、 仕事内容や具体的な求人例を紹介!

生産技術という職種を知っていますか?

生産技術職は、メーカーには不可欠なポジションですが、表舞台に出ることが少なく聞き慣れない方もいると思います。

かなり昔になりますが、私自身も学生のころに就職活動をしていましたが、自分のやりたい仕事が生産技術という職種であることは実際にその職に就くまで知りませんでした。

今回はそんあ生産技術職の概要をはじめ仕事内容について紹介していきます。

生産技術職という職種に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

生産技術職とは?

生産工場のライン生産技術職とは、製造業において製品や部品を効率的に量産する環境を構築する職種です。

工場の生産では、単に素早く製品や部品を作ればよいというわけではありません。

コストが高かったり、不良品が発生したりすれば、損をしてしまいます。

したがって、コストを削減しながら品質の高い製品や部品を追求しなければなりません。

そのために生産技術職が、工場の増設・新設を手掛けたり、工場の生産ラインを改良したりする役割を果たしています。

生産技術職として入社した場合、一般的に工場に配属されます。

経験を積みながら少しずつ規模の大きい生産ラインを任され、工場長や生産拠点のリーダーにキャリアアップしていくのが一般的です。

シマタケ
私の場合は1年間ほど、各生産現場を実際に経験したあとに生産技術の業務を担当しました。

生産技術職の仕事内容

生産技術職は生産ラインを巡るさまざまな仕事が要求されます。

早速、生産技術職の仕事内容についてご紹介していきます。

なお、企業によって仕事の範囲が異なるケースもあるので、仕事に応募する場合には求人の内容をよく確認しておきましょう。

シマタケ
以前、ツイキャスで生産技術の話題になったことがありますが、会社によって範囲は様々でした。

仕事内容1.生産ラインの設計・改造

生産技術職の主な仕事は生産ラインの設計・改造が挙げられます。

生産ラインとはそもそも原料から目的となる製品を製造する流れです。

その製造の流れを設計するために、生産効率が良く、人の動線に無駄のない生産設備の配置を考えます。

ただ生産ラインを配置するだけでなく、予算の確保や導入の手順に関して関係各所と調整を行う必要もあります。

また、会社によっては新規設備をメーカーから購入する場合と、自社で製作するケースがあります。

自社で製作する場合は設備の設計や制御回路、プログラムなどの開発を行わなければなりません。

その他に、新規設備を導入するケースだけでなく、生産設備を改造する仕事もあります。

失敗すると量産活動が阻害されてしまうので、高度な仕事能力が求められます。

仕事内容2.生産設備の保全

DC極性確認マークチューブ有プラス表示生産現場でトラブルの発生を防ぐために設備保全業務を行うこともあります。

具体的には、生産設備のメンテナンスをはじめ、日ごろの生産活動で起きる故障やトラブルの対応などが含まれます。

トラブルの原因がわかり、改善策が成功したときに喜びを感じる方も見受けられます。

私自身もトラブル対応することがありますが、解決したときは嬉しいです。

課題解決にやりがいを求める方であれば、生産技術の仕事は向いているかもしれません。

シマタケ

大きな会社であれば「機械の保全」は保全課、「設備の導入、ライン構築」は生産技術課といったようにしっかり区分されているかもしれません。

私の仕事内容と所感

私は社会人になって転職もしていますが、ずっと生産技術職です。

業種はかわりましたが、仕事内容に大きな違いはなかったので転職後の業務に戸惑う事も少なくスムーズでした。

仕事内容は生産設備の製作、改造、トラブル対応がメインで、サブとしてキュービクルなどの高圧受電設備の管理、省エネルギー
対応など、電気・制御関係と幅広く対応させて頂いております。

これは大企業ではなく、中小企業という比較的小さい組織の中で働いているからだと思います。

会社によって異なるかもしれませんが、ルーチンワーク(定常業務)は少なく、新しい仕事が入ってきます。

飽き性の私にとっては有難いことであり、毎回新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができています。

色々なことを経験できるので、成長を実感することができます。

シマタケ
好奇心旺盛な人であれば、生産技術職に向いていると思います。

当然、どんな仕事にも共通しますが、良いことばかりではありません。

自分が抱えている案件によっては残業が多くなったり、休日出勤したりすることもあります。

また、現場の方などに批判されたり、怒られたりと人間関係の難しさを感じることもあります。

シマタケ
技術だけではなく、対人能力も求められます。

失敗するとリスクが大きい仕事がありますが、終わった時の達成感は何とも言えません。

生産技術職の求人例

生産技術職の仕事内容を具体的に知りたいと思った方もいるかもしれません。

ここからは実際に募集されていた生産技術職の求人例をご紹介していきます。

今回は転職サイトdoda(デューダ)に掲載されていた情報になります。(2021年12月)

求人例1.日清食品

生産技術職の求人例としては日清食品のお仕事が募集されていました。

仕事内容は、世界で親しまれている日清食品の商品に関する製造・工程管理・メンテナンス・改善提案・設備導入などが挙げられています。

入社後は即席めんの製造オペレーションや工程管理、保守などを学習していくとのことです。

求人例2.住友電装

住友電装では、トップクラスのシェアを誇る自動車部品の効率的な生産を目指すお仕事が募集されていました。

仕事内容は、ワイヤーハーネスやコネクタ、電気分配装置などに関する製造ラインの検討です。

生産ラインの立ち上げをはじめ、新技術の調査、仕入れ先への技術指導なども含まれています。

まとめ:生産技術

今回は生産技術職の概要や仕事内容、具体的な求人例などを解説しました。

生産技術職の仕事には生産ラインの設計や改造、保守などがあります。

課題解決が好きなで、モノづくりに興味のある方であれば、やりがいを感じる仕事だといえます。

生産技術職の内容についてさらによく知りたい方は、会社によっても異なりますので実際の求人もぜひチェックしてみてください。

シマタケ
少しでも参考になれば幸いです。

こちらの記事も読まれています。(一部広告あり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

シマタケ

共働きの子育て会社員。工場で15年間働く電気エンジニア。多数の国家資格を取得。施設や工場で働く方々が勉強できる、様々な悩みを解決できるサイトを目指しています。雑記記事も時々書きます。心理学を勉強中でメンタルケア心理士、行動心理士取得。

-仕事